美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

ボディービルダーもやってる!?豆腐で食改善!

ボディービルダーは美しい筋肉を作りあげるために出来るだけ炭水化物などの糖質を避け、良質なタンパク質を豊富に摂取する食事を行います。

そのために、実は豆腐を活用している方が多いのをご存知でしょうか。

 

ここではその様々なメリットや食改善のやり方、食改善を行う際の注意点などについてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

豆腐での食改善とは?

豆腐で食改善を行う時は、1日の3食の食事のうち、1食か2食の炭水化物などの主食を豆腐に置き換えることで行います。

3食全てを置き換えた方がダイエット効果は得られやすくなりますが、今度は栄養不足になる危険性があります。

 

特に炭水化物の不足に注意が必要で、炭水化物は体のエネルギー源になる栄養素ですから、

不足すると体や脳の機能を維持し、内臓機能を維持することにも支障が出てしまう可能性があります。

 

また、いきなり2食置き換えると空腹に耐えきれず間食してしまう可能性もありますから、まずは夜ご飯を置き換えることから始めてみましょう。

主食を置き換えれば、おかずは普段と一緒でも構いません。

ただ、より効果を出したいのであれば他のおかずのカロリーも控えめにして、煮物やおひたしにすることをお勧めします。

 

ですが、普段から夜ご飯が少なめの方や、そこまで太っていない方ではもちろん体重の減少幅はそこまで大きくありません。

効果が出ないからとひたすら豆腐だけを食べて、栄養が偏ってしまわないように気をつけてくださいね。

 

 

 



メリットは?

まず、良質のタンパク質が豊富にふくまれていることが挙げられます。

タンパク質を構成するアミノ酸は20種類ありますが、そのタンパク質によっては含まれていないアミノ酸もあります。

 

ですが、豆腐に含まれるタンパク質には20種類すべてのアミノ酸が含まれています。

筋肉の材料になるのはタンパク質ですから、筋肉量を増やしたいと考えている方には嬉しい特徴ですよね。

 

また、タンパク質の他にも、中性脂肪やコレステロールを減少させる大豆レシチンや、余分な脂質や糖質、コレステロールの吸収を抑える大豆サポニン、

美肌効果や血圧低下、悪玉コレステロールを減らす作用のある大豆イソフラボンなどの様々な栄養素が豊富に含まれているのも無視出来ない特徴です。

 

もちろん低カロリーですから、食事量が少なくて空腹に耐えきれないということもそこまで感じることはありません。

 

 

 

気をつけたいことは?

また、毎日同じメニューを繰り返していると次第にストレスを感じるようになり、

途中でダイエットを止めてしまい、ドカ食いの原因になる場合があります。

 

これはリバウンドの最たる要因になりますから、毎日のメニューには工夫して飽きないようにしたいですね。

 

 

 

 

関連する記事一覧