美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

女子力高い人はみんな知っている!マクロビってなあに?

マクロビってなあに?

マクロビオティック、略してマクロビは、美容や健康に敏感な女性を中心に、雑誌やネットの口コミなどで話題になっている食事法です。海外のセレブも実践していることから、若い女性に注目を集めるようになりましたが、実は日本発祥で、古くからある食事法になります。

食事法と言っても、一般的な栄養学とは少し違い、どちらかといえば、思想に近いと評されることも少なくありません。食べ物に感謝し、その食べ物を育てた土や水、空気といった、自然に感謝することを大切にしており、食を通して身体の健康だけでなく、自分を取りまく環境を尊重します。こうしたマクロビの思想は、エコやロハスと相性が良いことも、現代女性の支持を受ける理由の一つです。

健康的な暮らしをデザインする食事法ですが、ダイエットや美肌、美髪にも効果が高く、実践することで健康と美容に良い効果を得ている人が大勢います。

 

マクロビの始まり

マクロビオティックは、1人の食文化研究家によって提唱された食事法で、そのはじまりは明治40年まで遡ります。

食物養生法という食事療法をベースに、東洋思想の易を取り入れ、「玄米菜食」、「正食」として完成させたのが、現在のマクロビオティックです。日本国内のみならず、海外でもこの食事法が普及するようにと、この名前になりました。ヨーロッパを中心に世界各国に広め続け、1950年以降はさらに、海外での広がりが大きくなっています。アメリカやイギリスなどにも、マクロビの協会や団体があり、各国の土地で採れるもの、採れたものを使って、現代でも実践しやすい方法が常に研究され続けているのです。

このように、日本から世界に向けて広まっていったマクロビは、逆輸入のような形で、現代の日本でブームになっています。

 

マクロビってどんなものを食べるの?

 

マクロビの食事の基本バランスは、穀物が全体の約半分、それに対し、野菜が20%程度、豆類・海草類とスープが5%程度となっています。

ここで言う穀物は、基本的に玄米や全粒粉を使ったパンや麺類のことです。テレビから話題となった酵素玄米も穀物に含まれますし、白米を抜きにしてもバリエーションが豊富なので、飽きを感じることなく、マクロビを続けることができます。

また、野菜は有機栽培のもので、植物性たんぱくをメインにして温野菜を中心に、肉や卵は月に数回、魚は白身のものを週に数回程度とされています。使う調味料や料理法なども決められていますが、質の良いオーガニックのものを使う、刺激物は控えるなど、シンプルなルールです。

そうは言っても、いきなり完璧を目指すと挫折してしまう可能性があるので、まずはできる所から始め、少しずつ食事を切り替えていくと実践しやすいでしょう。

関連する記事一覧