美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

ストレスで太るってどういうこと?ストレス太りのメカニズム

ストレスによる食べ過ぎ

現代社会に生きる私たちは、多かれ少なかれストレスを抱えながら生きています。

しかしあまりに溜め込みすぎると、さまざまな弊害が起こり体に異変が生じ始めます。

そのひとつが過食です。

 

ストレスにさらされると、人の体は活動モードである交感神経が優位になるように出来ています。

その際脳は、リラックスした副交感神経優位な状態に転換させるために食欲を増大させる指令を出します。

そのためにイライラすると食べ過ぎてしまい、太ってしまうという悪循環が起こるのです。


また、人はストレスを感じると脳のセロトニンと呼ばれる物質が不足することが知られています。

セロトニンは、心を安定させたりリラックスさせたりする効果がある彫るものなのですが、

これが足りなくなると、満腹中枢が麻痺していくら食べても満足しなくなってしまいます。

 

ストレスを感じると栄養を蓄えようとする

 

さらに人間の脳は、イライラを感じる期間が長時間続くと危険だと判断し、

ストレスホルモンのコルチゾールと呼ばれる物質を分泌する指令を出します。

 

コルチゾールには、ストレス緩和の働きがあり、本来私たちの体に必要なホルモンです。

しかし過剰に分泌されると、食欲を抑制するホルモンである「レプチン」を減らすことで食欲を増大させるなど、

太る原因となる悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

またコルチゾールは、脂肪の合成を助けるインスリンの分泌を促す働きももっています。

そのため運動でせっかく筋肉を蓄えてもそれを分解して糖に変え、血糖値を上げようとするため、

徐々に余計な脂肪が体に蓄積されていくといいう作用ももたらします。

 

過度の食事制限や、嫌々ながら取り組む運動などで、

ストレスを溜め込みながらダイエットに取り組むと、効果が出ないばかりか

脂肪が増えてしまいかえって太ってしまうことにもなりかねないのです。

 

解決するには?

 

過度のストレスは食べ過ぎや脂肪の溜め込みを引き起こし太る原因になります。

そこで、日々の生活でイライラを溜め込まないようにする解決方法をお教えします。

 


まずは、食事はできるだけ誰かと一緒に食べるように心がけることです。

楽しい気分で食事をすることでストレス解消になり、

副交感神経が優位な状態を作れるので量を食べなくても満足することができます。

 

また、おしゃべりを楽しみながら食事することで食べるスピードをゆっくりにし、

食べすぎを防ぐ効果もあります。一人で食事する場合には、リラックスできる音楽を流したり、

お風呂にゆっくり浸かってから食べ始めたりと、イライラから解放された状態を作ることが大切です。

 

さらに、あれもこれもだらだら食べるのではなく、一回に食べる量を皿にきちんと盛り付け、

目にも満足させてから食べ始めるようにすると食欲を抑えることができるでしょう。

 


また、いくらダイエットとはいえ甘いものなど好物を我慢しすぎるのも

ストレスを溜め込むためよくありません。

好きなものを少し食べてリフレッシュすることでイライラを解消し、

またダイエットを前向きに頑張ろうという気持ちになることができます。


 

関連する記事一覧