美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

逆効果?勘違いしがちな冬場のお風呂の入り方

寒いさむい冬家に帰ってお風呂で温まりたい、と帰宅を急ぐ人も多いのではないでしょうか。

 

でも温まれば何でもOKというわけではなく、入浴にもルールがあることをご存じですか?

寒い時期の入浴で気をつけるべきことを調べてみました。

 

 

熱過ぎるお風呂に入らない!

冷えきった体を温めるためにとにかく熱いお湯に浸かるという人はいませんか?


ダイエットには汗をかくのがいいからとお湯の温度を可能な限り熱くする人は?
実は、それは危険な入り方なのです。熱すぎるお風呂は命取りになります。

 

原因は、高温のお湯に入ることによる血液の凝固・凝縮。

熱いお湯に入ると血栓を溶かす物質が出にくくなるため、血液が凝固しやすくなります。

さらに、急な発汗で体の水分が減ることによって血液が凝縮され、血液がドロドロになってしまいます。脳や心臓に対して大変危険です。


また、寒い脱衣所との温度差が高ければ高いほど心臓への負担が大きくなり、突然死してしまう原因になることも。



寒い冬でも、適温はぬるめの40度。

ぬるい温度でゆっくり温まると、自律神経の副交感神経が優位に働き、リラックスできます。

 

筋肉も弛緩しやすく、痩せやすい体へと体質改善するのにも効果的です。

より効果を得たい場合はみぞおちくらいまでの半身浴で入浴するのがいいでしょう。

 

 

お風呂で肌をこすりすぎない

入浴中に体を洗う時はついつい肌をゴシゴシこすってしまうもの。

そのほうがアカも取れて清潔になれるイメージがありますが、これはNG行為です。

 

肌には表面に角層というものがあり、その深部にバリア機能を持っています。

でも、角層は強い刺激や乾燥に弱いため傷つきやすく、ダメージが進むとバリア機能が壊れてしまいます。

そうなると外敵の侵入を受けやすくなり、アトピーなどの深刻なトラブルを引き起こしてしまう場合があります。

また、ゴシゴシ洗いは体臭の原因にもなります。

 

肌に最適なのは、泡で洗うことです。

洗顔でよく聞きますが、体も同じこと。特に冬は乾燥しやすいので要注意です。

石鹸をたっぷり泡立て、刺激の少ない柔らかいタオルなどで優しく洗うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

洗顔後はシャワーで流さない!

皆さんはいつ洗顔をしますか?

そう尋ねると、多くの人が入浴時と答えるのではないでしょうか。

体が濡れているので楽ですし、シャワーでパパッと流せて早く済むのでいいですよね。

でも、洗顔後にシャワーで流すのは、本当はあまりよくないのです。

 

シャワーには水圧がかかります。水圧が強いシャワーが好きという人も多いですが、この水圧が強ければ強いほど肌への負担は大きくなるものです。

すると、肌が傷つきニキビや肌荒れの原因になります。

また、余分なものだけではなく肌に必要な皮脂まで落としてしまうことになり、皮脂の過剰な分泌やオイリー肌を引き起こしてしまいます。

 

洗顔後はぬるま湯をてのひらですくって優しく流すようにしましょう。

肌はいたわってあげることで健康や美しさを保つことができるのです。

 

 

関連する記事一覧