美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

ヨガで理想の腹筋

理想の腹筋を手に入れるヨガポーズ

美しいプロポーションになるためにも、引き締まった理想の腹筋をつけたいという願望は多くの女性が持っているものではないでしょうか。

しかし、地道に腹筋運動をしていくのはなかなか辛いものですし、始めてみたものの、3日坊主で終わってしまったという方も少なくないと思います。

ダイエット器具を使った運動もありますが、高いモチベーションを維持しつつ、効果にも期待できる方法の1つがヨガです。



ヨガというとリラックスや柔軟のためというイメージが強いかもしれません。

確かにリラクゼーション効果も多いとされていますが、中には筋肉を鍛えるためのヨガポーズもあります。

 

腹筋を考えたヨガポーズを選んで実践すれば、少しずつ着実に鍛えていくことができますから、理想の体型に近づけていくことが可能になるでしょう。

 

腹筋を鍛えるためのヨガ

腹筋を鍛えるためのヨガポーズはあまり数は多くありませんが、代表的なものとされているのは「赤ちゃんのポーズ」と「船のポーズ」です。

初心者でも比較的に簡単にできるのは赤ちゃんのポーズで、仰向けに寝た状態から両膝を抱え、膝と頭を近づけた状態を維持するポーズになります。

 

船のポーズは、両膝を伸ばして座った状態から始めるのですが、横から見た時に綺麗なV(ブイ)の字を描くように足を上げていき、両手をまっすぐに伸ばすというスタイルです。

初めて実践してみると難しいかもしれませんが、徐々に身体が慣れていくでしょう。



難しい場合はいきなり無理をせずに、最も簡単なヨガならではの「腹式呼吸」がベストです。

ポーズはあぐらに似ていますから身体へ大きな負担がかかることはないですし、呼吸法を意識するだけで初めてでもすぐに始めてみることができます。

 

腹筋を鍛えるとどんな影響がある?

ヨガを続けていくと着実に腹筋はついていきますが、鍛えることで得られるメリットは、ただ美しいプロポーションが手に入るだけではありません。

もちろん、ぽっこりとしたお腹が引き締まるという影響もありますが、他にもさまざまな効果が見込めるのです。



まず、ダイエット面での効果ですが、腹筋が鍛えられることによって、新陳代謝がアップし、便秘が解消されます。

ぽっこりとしたお腹だと内臓の位置はずれてしまっているものなのですが、筋肉がつけば正常に戻るのです。

 

そうなれば、内臓の機能も正常化されますし、活動も活発に行ってくれるため、太りにくい体質になります。

また、姿勢がよくなったり、腰痛が改善されたりなどのメリットもありますから、多くの魅力があると言えるでしょう。

 

他の部分を重視したヨガも合わせて行っていけば、さらなる効果に期待できるのは間違いありません。

関連する記事一覧