美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

冬に気をつけたい便秘解消法

冬になると、便秘で悩む人が増えます。

寒くなると自然に取る行動が、便通に悪い影響を与えてしまうのです。

 

そこで、それを引き起こす原因を知り、解消するためのポイントを押さえて、調子が悪くなる前に予防しましょう。

 

 

冬に乾燥するのは空気だけじゃない

寒くなると、他の季節よりも、のどが渇かなくなります。

しかし、そのために起こる水分不足は、便を固くして出にくくしてしまいます。

 

冬場は空気が乾燥して肌から水気が奪われますし、寒さのせいでトイレも近くなるため、のどの渇きに任せていると水分が不足しやすくなるのです。


でも冷たい飲み物を飲むと、体が冷えて新陳代謝が落ち、さらに交感神経が興奮します。

交感神経は体を緊張させる方向に持っていくので、便秘にはよくありません。

だから温かい飲み物を飲むようにしましょう。


食物繊維が豊富なココアや、気持ちを落ち着かせる成分を含むミルクなどがおすすめです。

ゆっくり飲んで、体を温めながら十分な水分を取るように心掛けましょう。

 

リラックスしながらお腹の筋肉を刺激しよう

寒くなると、外へ出るのがおっくうになります。

そのために運動不足になりがちで、それはもちろん便秘にも悪いです。

運動不足は筋肉を減らすので、お腹の押し出す力が足りなくなるからです。

 

でも必ず外に出て運動しなければいけないというわけではありません。

出すのに関わる筋肉だけ鍛えれば不調の解消には役立つので、家の中でもできる方法はたくさんあります。


腹筋が代表的ですが、そこまできつい運動でなくても大丈夫です。

寝転んで足先を上げたり、体をひねったりしてお腹の筋肉に刺激を与えましょう。

つま先立ちも、腹筋やお尻の筋肉を使うため効果があります。

一生懸命に行うとストレスになってしまうので、無理せずリラックスしてやるのがコツです。

 

 

 

 

冷たいトイレも隠れた原因に

冬の便通で意外な盲点になっているのが、トイレの暖房です。

寒いため、無意識にお手洗いに行くのをがまんして、便秘を悪化させることがあるのです。

それに寒くてお尻の筋肉に力が入って緊張し、それで出にくくなることもあります。


ずっと暖房を入れるのはもったいないような気もしますが、寒い状態でいきむのは脳の血管にもよくありません。

高血圧の人などは、そういう意味でも注意したほうがいいのです。


理想は室温とトイレの温度が同じである状態ですが、便座を暖めておくだけでも効果はあります。

行くときに、何かをはおるのもいいでしょう。

 

寒さ対策をしないままだと、お手洗いに時間がかかることで体が冷えきり、

それが別の不調を引き起こす原因になるかもしれません。

 

 

 

関連する記事一覧