美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

なかなか代謝が上がらない理由

ダイエットを続けているのになかなか体重減らないことってありますよね。

そんな時は、もしかしたら体の消費エネルギーが減っていて、痩せにくい体質になっているのかもしれません。

 

ここでは基礎代謝が上がらない原因をご紹介していきますので、体重が落ちずに悩まれている方はぜひご一読ください。

 

 

 

そもそも基礎代謝ってなあに?

「基礎代謝が高いと痩せやすい」と聞いた経験がある方も多いのではないでしょうか。

ですが、この言葉がそもそも何を指すのかご存知ですか?


基礎代謝とは、生命活動をする上で最低限必要になるエネルギーのことを言い、このエネルギーは体温維持や内臓の機能を保つために使われます。

これは1日に消費するエネルギーのうちの約70%を占めていますから、運動や食事などで消費するエネルギーよりもずっと多いのです。


体の中で一番エネルギー消費が多いのは、筋肉です。

そのため、食事制限ダイエットを行って筋肉量が低下してしまうと、同時に体の消費エネルギーも低下し、消費されなかったエネルギーがどんどん脂肪として蓄積していくことに繋がってしまいます。


ダイエットで大切なのは体重を落とすのはもちろん、適切な筋肉をつけて消費エネルギーをあげ、メリハリのある体を作ることが大きなポイントです。

 

低カロリー摂取

ダイエットを行う時は、まず低カロリーの食事に切り替え、食事量を減らすことから始める方も多いのではないでしょうか。

ですがこの安易な食事制限ダイエットは、実はとても危険なのです。


まず、低カロリー状態が続くと体は飢餓状態にあると認識し、少ない食事量の中から出来るだけ多くの栄養素を体に取り込もうとします。

それはもちろん脂肪も同様ですから、食事制限を続けることでどんどん脂肪のつきやすい体になってしまいます。


また、低カロリー状態が続くと、体は足りない栄養を補うために筋肉を分解して、そこから栄養を確保しようとします。

そうするとさらに消費エネルギーが低下し、どんどん痩せにくい体質になってしまうのです。


さらに筋肉の低下は体のボディラインを緩んだものにしてしまいます。

メリハリボディを目標にダイエットを行うのであれば、食事制限ダイエットは避けるようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

甲状腺機能低下

甲状腺の機能が低下している状態にあると、ダイエットをしていてもなかなか効果が出ない傾向にあります。


その大きな理由は、甲状腺から分泌されるホルモンが減少してしまうことにあります。

このホルモンはタンパク質合成を促進する作用を持ち、体の代謝に必要な酵素の合成にも大きく関与しています。

酵素の合成が減少すると、体の機能が低下し痩せにくい体質になってしまうのです。


また、甲状腺の機能が低下すると疲労や不眠、低体温、リューマチ痛などの様々な症状に加えて、体重増加や筋肉量の低下といった症状が見られるようになります。

このこともダイエット効果がなかなか得られない要因の一つです。


もし日頃慢性的な疲労や倦怠感を感じ、日常生活に支障を来すようであれば甲状腺機能が低下している可能性もありますから、一度病院で検査を受けてみることをお勧め致します。

 

 

 

関連する記事一覧