美は「健康」から!エリカ健康道場が発信する、健康生活「健活」にエッセンスをお届けします!

夏なのに太っちゃう!これって何で?

汗をかいているのに太るのは何で!

暑さのために誰もがたくさん汗をかき、一般的に痩せやすいイメージのある夏ですが、

実は他の季節と比べてむしろ太りやすい季節だということをご存知でしたか?


汗には、「運動を伴うカロリーを消費するもの」と、「体温調節のための生理反応」の2種類があります。

夏場のものは後者であり、こちらはカロリーをほとんど消費しないのが特徴です。

それだけではなく、汗をかくほどに代謝を促進するビタミンB1等の栄養素が流れてしまうため

脂肪を溜め込みやすく、かえって太る原因になってしまうの恐れさえあるのです。

 

さらに夏場は一般的に熱中症にかかることを懸念して日中に出歩くことを避ける人も多く、

軽い運動すらしなくなるため、エネルギー消費量が落ちることで

さらに太りやすさをまねいてしまうという悪循環もあります。

 

 

基礎代謝が下がりやすい夏

基礎代謝とは、「運動などしなくても自然に消費されるエネルギー」を指します。

つまり基礎代謝を高めれば苦労してダイエットをしなくても自然にエネルギーが燃える状態を作れます。

 

夏は体力を消耗しやすく、汗の量とともに基礎代謝量も増えるように思われがちですが、

実はそれも誤解であり、冬の方が多いのです。


冬は寒さのため、体温を維持するためにエネルギーを燃やさなければなりませんが、

夏はその必要がありません。必要最小限のエネルギー消費量で済んでしまうため、

基礎代謝は冬と比較すると約10%も下がり、脂肪も燃えにくくなってしまいます。

 

つまり、夏は一番ダイエットの効果が出にくい季節なのです。

もし他の時季と同じライフスタイルを続けていたら、

普通に生活しているだけで太ってしまう可能性が高いということです。

 

どうやって改善したら良い

夏太りの生活スタイルを改善するためには、

低くなりがちな基礎代謝を上げることを意識した生活を送ることが必要です。

 


まず心がけたいのは、脂肪を溜め込み代謝を下げる原因となる体の冷えを予防するために、

冷たい飲み物と食べ物を控えることです。

夏でも暖かい飲み物を採ることで内側から温めるようにしましょう。

 

冷房も適正温度を保って体が冷えすぎないようにするのが望ましいですが、

外出等で調整が出来ない場合に備え、一枚カーディガンなどを持ち歩くのがおすすめです。

暑さが厳しくなる前の早朝に運動したり、空調の効いた屋内でのスポーツなど

有酸素運動に取り組むことでカロリーを消費する汗をかくのも効果的です。

 

運動が苦手な人でも、いつもより一駅多く歩いたり、

軽いストレッチを日課にしたりするだけでも夏太り防止効果はあります。

 

関連する記事一覧